2019年1月31日木曜日

マイホームの取得 ~維持管理編~



そうじ

長く住む家は、日常の掃除は自分で行えば十分ですが、たまにはプロに掃除を頼むこともおすすめです。

また、プロでないと出来ない掃除も家の中にはたくさんあります。

家を長持ちさせるためにも、掃除にある程度の費用をかける必要がありますが、そんな中でも費用対効果の高い業者さんを選ぶことは重要です。

また掃除の業界は、相場があってないような部分があります。

見積もりを比較することで大幅なコスト削減になりますので是非複数の業者をチェックして自分にあった条件の業者さんを選びましょう。









点検

住宅の点検は、人で例えるならば健康診断や人間ドックをするような感じです。


住宅の不具合も早めの発見がポイントになってきますので、定期的な点検を行いましょう。


また、行きつけのお医者さんのような感じで、自分にあった業者さんを見つけておくことも大事かもしれませんね。





修理・リフォーム

建物や建物を構成する材料や設備は、おおむね10~20年で一定の性能が劣ってきます。

それを証拠に各建材などのメーカーさんの保証は10年が一般的です。

例えば外壁などは、塗布されている塗料などによっても違いますが、10~15年が寿命となります。

つまりそれを超えて使うということは、いつ不具合がでてもおかしくなくなるということです。

運河良ければ20年以上ということもありますが、それには前述した日頃の点検やそうじなどのメンテナンスが欠かせません。

なので、計画的な修理やリフォームを行うことは、家を長持ちさせることにもなりますし、暗く汚れた雰囲気を一掃する効果もあります。

急な故障や不具合の放置は家の寿命を縮めることになりますので是非検討してみましょう。



 

 

 




次のページはこちら





0 件のコメント:

コメントを投稿